ローソファはどんなもの?ローソファのメリットを紹介します。


ローソファを置くと、部屋が広く感じられる!

ローソファは一般的に使われているソファに比べて、座る高さが低いソファのことです。新しく家を建てた際、ソファを置くことが夢だったのですが、いざ置いてみると部屋が狭く感じることがあると思われます。ローソファはどうでしょう、ローソファは低い位置に置かれるので、座っていると目線が低いので部屋が広く、天井も高く感じられます。家の設計や好みによると思われますが、ローソファを置くことで家の中が広く感じられ開放的に過ごせるかもしれません。

床に近いのでリラックスできる

日本人は古来より畳の文化があります。椅子やソファばかりの生活だと、何か落ち着かない方もいるはずです。昔のお父さんたちは畳によくごろ寝をしていたものですが、現代では畳の部屋自体が無い家が多いのが現状です。ソファに寝ているお父さん達もいますが、決して寝心地は良くなく寒いときは風邪をひくかもしれません。その点ローソファは座っている位置も低いので、冬場にはコタツにそのまま足を入れられるので快適に過ごせます。床に近く寒さもしのげるので、リラックスして居眠りができるでしょう。

安全で安心なやさしいローソファ

大きなソファは大人にとってはゆっくりとくつろげるかもしれませんが、子供達とっては危険なものになりかねません。座高が高く大きなソファは、子供達が良く面白がって飛んだり跳ねたりします。それによりソファから転落して大怪我をする場合もあるのです。ローソファはそんなリスクは無く安全で、安心して子供達を座らせおけます。例え遊び疲れて寝ていても、ソファはから落下する心配をしなくても良いでしょう。

ソファ ダイニングとは、食事をくつろいで出来るようにテーブルに対して堅い椅子ではなく、ゆったりと座れるソファを組み合わせています。